お肌はなぜ乾燥するの?乾燥肌の原因は?

お肌が乾燥すると、ニキビができやすくなったり、刺激に弱くなったり、
様々な肌トラブルが起こってしまいますよね。
お肌はなぜ乾燥してしまうのでしょうか。

 

もちろん、冬は夏より乾燥しやすいですよね。
季節的な要因も考えられます。

 

また、エアコン効いた室内に長時間いることで乾燥する、
環境の要因もあるでしょう。

 

でも、一年中、いつでもどこでも乾燥肌に悩んでいるという人の場合は、
角質層の水分量が低下していて、保湿がうまくできていない状態であると考えられます。

 

お肌のもっちり感や滑らかさを作ってくれる
角質層のバリア機能がうまく機能していない状態なんですよね。

 

この状態は、間違ったスキンケアや、偏った食事、睡眠不足、
ホルモンバランスの乱れ、もともと持っている体質など、様々な原因が引き起こします。

 

乾燥肌かもしれない、と思ったら、
もう一度自分のスキンケアや生活習慣を見つめ直しながら、
美容液やクリームなど、保湿化粧品の力を借りながら、お肌に充分な保湿を行いましょう。

 

乾燥肌に効果的なスキンケア商品として、ラピエルがおすすめです。
ローズ水やカタツムリ美容液、プラセンタエキスなど、美容成分が贅沢配合されているので、
お肌の乾燥を防いで、もっちりしっとりのお肌に近づけてくれるはずですよ。

 

乾燥肌を治すにはどうしたらいいの?